始める前に準備をしてからFXを行おう

>

自分に合うトレード

スキャルピングとデイトレード

短時間に通貨の売買を繰り返すトレードを、スキャルピングと言います。
数秒から数分というかなり短い時間でトレードを行い、ずっと相場を見続けていなければいけません。
初心者にとっては、短時間で売買のタイミングを見極めるのが少し難しいかもしれませんね。
この方法は1回で得られる利益がわずかですが、繰り返すことで大きく勝ち越せる面がメリットです。

次はデイトレードと言うトレードで、こちらは数十分から1日をかけて通貨の売買を行います。
1回トレードするだけでも、他の方法に比べて利益が大きく、さらにリスクを回避できるので安全な方法だと言われています。
全くFXに触れたことがない初心者は、最初にデイトレードを採用しても良いでしょう。

スイングトレードとポジショントレード

数日の時間を掛けて行うトレードもあり、名前をスイングトレードと言います。
ここでいう数日とは短くて2日、長くて5日です。
このようにトレードを行う期間が長くなると、ずっと通貨の相場を見続ける必要がなくなります。
そのため本業が別にあり、副業としてFXに取り組む人におすすめですね。
スイングトレードは利益が大きい反面、失敗すると損失も増えるので、慎重にトレードに臨んでください。

最後は、ポジショントレードという方法です。
最大の特徴は、1週間以上の時間を掛けてトレードを行うことで、中には年単位で行う人も見られます。
ポジショントレードは取引の回数が非常に少ないので、事前に分析を行う必要があり、充分に知識を持った状態で取り組みましょう。